ソフトバンク光とドコモ光どっちがお得?簡単に乗り換える方法は?

多くの人がインターネットを使う機会が増え、自宅でもネット環境を整える人が増えてきました。そんな中、快適なネット環境をお得に使いたいと思う人は多いでしょう。しかし、インターネット回線を乗り換えようと思っても、どれを選んだらいいか悩む人も多いです。

ここでは、自宅におすすめのインターネット回線の種類やお得な乗り換え方法を紹介しましょう。

知っておこう!インターネット回線の種類

インターネット回線には、いくつかの種類があり、自分に合ったインターネット回線を選ぶためにも、どんな回線があるのか知っておきましょう。インターネット回線には、固定回線とモバイル回線があります。自宅で使うなら固定回線が、外で使う機会が多い人にはモバイル回線がおすすめです。

固定回線には光回線・ケーブルテレビ回線・ADSL回線(電話回線)がありますが、どれも工事が必要な場合がほとんどなので、引っ越しの多い人や1人暮らしの人にはモバイル回線の方が向いている場合もあります。固定回線の中では、特に光回線は通信が安定していて、速度も速く、家族など複数人で利用しても問題なく使うことができるので人気が高いです。

ケーブルテレビ回線を使っている人は、テレビなど他のサービスと一緒にインターネット回線を選んでいる人が多いです。ADSL回線は減少傾向にあり、今から利用を始める人はほぼいません。今から使う固定回線なら、光回線がおすすめです。

せっかくネット環境を新しくするなら、自分の生活に合ったネット環境になるようなインターネット回線を選びましょう。

光回線サービスの種類とは?

光回線には、NTTが提供する光回線と電力会社が提供する光回線があります。NTTの光回線には、NTTのフレッツ光と光コラボレーションというサービスがあります。フレッツ光とは、NTTと直接契約する光回線サービスで、他にプロバイダとも契約する必要があります。

光コラボレーションとは、NTTの光回線を利用し、プロバイダや他のサービスなどをまとめて提供する光回線サービスのことです。契約は光コラボレーション事業者だけになり、支払いが一本化するのでわかりやすく、料金も安くなる場合が多いです。

同じNTTの光回線を使っていても、プロバイダが違うとかかる費用やサービス内容が変わってきます。工事などが必要になる場合がほとんどなので、契約してからあっちの方がよかったと思っても、余分な手間や時間、費用がかかってしまいます。

よく考えて自分に合ったプロバイダを選びましょう。電力会社の光回線は、各電力会社が電力供給エリアのみで提供しています。地域限定ですが、回線とプロバイダが自社一体型なので料金を抑えることができ、一貫したサポート体制なので万が一のトラブルのときは安心です。

他にはNTTと電力会社の光回線を使っているauひかりやNTTの光回線を高速化したNURO光などの光回線サービスがあります。

お得な光回線の選び方とは?

光回線を選ぶとき、まずその光回線の提供エリアを確認しましょう。光回線は提供エリアが決まっているので、自宅が提供エリア内の光回線を選ばなければなりません。次に、月々の料金や工事費などの初期費用、キャッシュバックなどのキャンペーンなどを確認しましょう。

NTTの光回線でも電力会社の光回線でも、こだわりがある人以外はインターネットに関して大きな違いを感じることはないでしょう。しかし、同じ光回線でもプロバイダ次第でサービス面は変わってきます。お得に光回線を使いたい人は、しっかりと比較検討しましょう。

キャッシュバックなどのキャンペーンは、一部条件があるので注意が必要です。金額だけではなく、条件もしっかりと確認しましょう。サービス面でも大きな差がないときは、自分が使っているスマートフォンの携帯キャリアとセット割のある光回線サービスを選びましょう。

スマートフォンの利用料金から月々割引を受けることができるので、合計金額で考えるととてもお得になります。特に家族も同じ携帯キャリアであれば、家族の人数分お得になります。

ソフトバンク光に乗り換えるのはお得か?

ソフトバンク光の月額料金は、戸建てタイプで5200円、マンションタイプであれば3800円です。キャンペーン期間であれば、工事費は実質全額無料で、しかも他の回線からの乗り換えの場合、解約違約金や手数料のキャッシュバックもあるので契約期間を気にせず乗り換えることができます。

特にソフトバンクのスマートフォンを使っているソフトバンクユーザーは、スマートフォンの月々の利用料金から500円~1000円の割引があります。家族もソフトバンクユーザーであれば、1台につき割引が適用されるのでさらにお得になります。

しかし、指定オプションの加入が必要です。ソフトバンクユーザーなら、スマートフォンの料金と合計金額で考えるとソフトバンク光に乗り換えた方が断然お得です。

⇒ソフトバンク光で最大速度1gbpsになる条件

ドコモ光に乗り換えるのはお得か?

ドコモ光のプロバイダは20社以上あります。プロバイダによって月額料金が2種類ありますが、ドコモ光の機能は変わらないので安い方のプロバイダを選びましょう。その他には、Wi-Fiルーターが無料か高性能のものかなど、各プロバイダによってサービス内容が違うので注意しましょう。

ドコモ光の月額料金は安い方で戸建てタイプで5200円、マンションタイプで4000円です。キャンペーン期間であれば工事費は実質全額無料やキャッシュバックなどもあるので、プロバイダを選ぶときは必ずキャンペーン内容を確認しましょう。

ドコモのスマートフォンを使っているドコモユーザーは、料金プランによっては、月々の利用料金から1台につき最大1000円を家族回線分割引があるのでドコモ光がお得です。

フレッツ光や光コラボレーション間は乗り換えが簡単!

フレッツ光や他の光コラボレーションからソフトバンク光やドコモ光に乗り換える場合、2019年7月からは工事不要で事業者変更ができるようになりました。光回線の乗り換えのデメリットになっていた撤去工事も開通工事も行わないので、工事費用も発生しないうえに乗り換えもスムーズです。

スマートフォンを乗り換えたときでも、セット割できる光回線に気軽に乗り換えしやすくなりました。しかし、工事が必要な場合や違約金が発生する場合もあるので、お得に乗り換えたいときは事前に確認しましょう。

自分に合った光回線を選ぼう!

自宅でも快適でお得にインターネットを使いたい人には、光回線がおすすめです。特に、自分の携帯キャリアに合わせてセット割のできる光コラボレーションがおすすめです。光コラボレーション間なら工事不要で乗り換えができるので、携帯キャリアを変更したときに合わせて光回線も気軽に乗り換えることができ、通信費を抑えることができます。